イタリア語・表現:みんな石油王かと思ったじゃないか2017/04/08 02:01

春だー((⊂(○´∀`○)⊃)) 気温20度越えきたー!!
春って、ふしぎ。
新しいことをはじめたくなるっ!そして5月頃に燃え尽きる。
10年単位でこのルーチンです。わはは。

途中で止めてもいい! はじめることが大切なんだ(´∀`ヽ)ひゃほー

そんなわけで4月といえば、NHKラジオ語学講座が新しくはじまりますね。生ラジオ視聴組みはもうはじまっていますが、インターネットやスマホからストリーミング視聴組みは、1週遅れなので、これからです。

この春は、魅惑のロシア語講座にも、ついに手を出すぞ!
い、い、い、いイタリア語も頑張るんだから三(((((∩´∀)∩ひゃー

さて、ロシア語の話題は今度ねじ込むとして、本日のイタリア語に移りましょう・笑。

外国語を考える時、正確に理解したいというか「訳をかっちり当てはめよう」として、混乱してしまうことが良くあります。そんな典型例。

イタリア語で「昔はスイスの方がガソリン安かったから、スイスにガソリンを入れに行ってたんだ」という内容の会話があったのです。

現地の方は、(車に)ガソリンを入れる(買う)と言うために、
「 fare la benzina 」と、” fare ”と使ったのです。

* benzina [女性名詞] ガソリン
* fare [ 動詞 ] ~する、行う、作る

私はてっきり、ガソリンを作りにスイスに行ったのかと、大変な感じ違いをしました・笑。
毎週スイスにガソリン作りに行ってたの?!えっ?!油田持ってたの?みんな石油王なの?えぇぇえ!!って。わははは

この「fare」は買う「comprare」の代わりに使われるんですね。おもしろいです。誤解を理解してから、「comprare」とは言わないのかと尋ねてみると、「comprare la benzina」というと、ガソリンを買って、何か他のものに入れて使うというニュアンスになるとのこと。たとえば、芝刈り機とかに使うというというような。
日本語単語訳を、そのまま当てはめたくなるんですよね。
だけど、日本語でも良く考えてみたら、「TSUTAYA行く前に、ガソリン入れていこうよ」とは言っても、「ガソリン買っていこうよ」とはあまり言わないですね。不自然な感じ。あはは

日本語でもイタリア語でもより自然な、言いやすい言葉にするのに「代替の言葉」があるのですね(○´ー`○)

---
[PR]



↓ランキング参加中↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村

イタリア語・ギリシャ語語源:遠くからドライヤー三332016/10/28 20:45

ほぎゃーΣ((う□⊂))!!
目薬をさそうとしたら、目に刺してしもたばん。うぉー。

さて、ついに来たよー⊂(○´∀`○)⊃やほー
タニタの体重計っ!骨量が測れるやーつー!!わふぅー。
メイドインJAPAN!わふぅー。
早速、使ってみた。体重計が・・・しゃべった!Σだと・・・


さてさて、本日のイタリア語にいきたいと思います・笑。
接頭辞と接尾辞と語源の話です。
 接頭辞とは言葉の構成要素の一つ。常に語の頭にくっついて、語を構成する語。接尾辞はその逆、いつも語のお尻にいる語。

今日は、その接頭辞の1つで「 tele- 」についてです。

「テレ」が頭につく語は、カタカナでもいっぱいあるので、すぐに思い浮かびますね。テレビとか、テレポートとか、などの「テレ」です。

イタリア語の「tele-」から始まる語というと、
 * televisione : テレビ
 * telecomando : リモコン(テレビとかの)
 * telecopia(telefax) : ファックス
などなど。

これらの言葉の接頭辞「tele」とは、何なのでしょうか。
teleはギリシャ語語源の「遠い」という意味があるのです。
上記の3つの言葉をteleの前と後ろで区切ってみると、面白いことがわかります。
 * tele + visione = 遠い + 見る事 → テレビ
 * tele + comando = 遠い + 命令 → リモコン
 * tele + copia = 遠い + 写し → ファックス

わぁお、区切ってみると、どうしてその言葉になったのかが、良くわかりますね(*´∀`*∩

ということは、電話はどんな構成からできた言葉なのでしょう。わくわく、しながら辞書を引いて・・・間違った・・・
電話(機)は、telefonoですが、電話するという動詞、telefonareで、引いてしまった。
"fonare"とは、「ヘア・ドライヤーで乾かす」という動詞・・・
えぇぇぇえ!!!
電話とは遠隔操作ヘアドライヤーかっ!!Σ(´□`;)!!
わははは。ここでやっと、あっ、間違ったと気づいた・笑。

 * telefono (電話機) =  tele + fono
「fono」は、英語とフランス語の影響だそうです。
今度は"接尾辞"として、-fonia/-fonico/-fono。
これらはギリシャ語語源の「音」「声」という意味があります。
やった!ついにキタ――(゚∀゚)――!!
 * tele + fono =  遠い + 声 →電話機

よかった・・・遠隔操作のドライヤーじゃなかった・笑。離れたところに声を届けるから電話なんだね。漢字のように、接頭辞や接尾辞を見るとなんとなく、その語の意味が想像できるのが楽しい。


【参考文献】
伊和中辞典
Il Devoto-Oli. Vocabolario della lingua italiana 2012

↓ポチっとが、励みになります↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村